会社沿革

それまで概念がなかった「貸会議室」事業を中心に、周辺事業を拡大することで急成長を実現。

2019年にレンタルオフィス最大手であるリージャスの日本法人を完全子会社化し、ソリューションを拡充。

事業領域

フレキシブルオフィス事業を中心として、ホテル・宿泊研修事業、料飲・バンケット事業、イベントプロデュース事業、BPO事業等の周辺サービスも提供。

単なるスペースのサブリースだけではなく高付加価値サービスの提供を実現。

 

 

ビジネスモデル

当社グループのコア事業であるフレキシブルオフィス事業では、不動産オーナーから物件を割安で仕入れ、会議室や宴会場、レンタルオフィス・コワーキングスペースなどにリノベーションして、空間をシェアリング。

時間貸しから期間貸しまであらゆるニーズに対応

時間貸しから期間貸しでのスペース提供、また、豊富なブランド展開により、顧客の利用期間や予算に応じたサービスを提供可能。

圧倒的な規模を誇る拠点ネットワーク

現在当社グループが提供している拠点は国内外合わせて427拠点・18万坪。2030年までに国内で1,500拠点・42万坪への拡大を目指す。

 

安定した顧客基盤

年間利用企業数は約30,000社。売上高の上位500社で法人利用売上の約50%を、上位2,500社で約75%を占めている。

また、リピート率は約90%と高水準で、顧客業種は多岐にわたり安定した顧客基盤が築けている。

※リピート率は2020年売上高に占める既存顧客による売上高の割合。